音楽イラスト円形.jpg

初めて曲を作ったのは、
まだぷくぷく丸かった3歳の頃でした。

曲のタイトルは「おじいさんの水車小屋」、
子どもらしからぬ哀愁が漂うピアノ独奏曲です。

今ではすっかり大人になった私ではありますが、
ほんとうに小さい頃からずっと、
音楽はすぐ傍らに居続けてくれました。
うまく進んでいる時も、うまくいかない時も、
試験に失敗したときも、初めてオーケストラ曲が音になったときも、
変わらずすぐそばに。

このように、音楽とともに成長していける環境に居させてくれて、
変わらず見守ってくれている家族、友人をはじめ、沢山の大切な方々に、
心からのありがとうを捧げます。

私にとって音楽は、
自分という存在が、あらゆる他者との関わりの中で育まれていく
感受性のかたまりであるということを、
鏡のように教えてくれた存在でした。

それはつまり、私の存在している世界、
その中で出会う人びとやものごと、できごと、様々な全てのものが、
私の書こうとする音楽に影響し、内包されていくということです。

そして今、大人になった今の自分が
音楽から生きるちからを与えて貰ったと言えるならば、
曲を作るということによって、
たくさんのかけがえの無いものが存在するこの世界に、
そのちからを還していきたい、そう思っています。

確かなまなざしであれるように、むこうがわの音を掬いとれるように、
たゆまず進化して、力ある音楽を書いていく。

そのためには、
自分の中にたまっていく光と闇に、
常に向き合っていかねばなりません。
これはなかなか難しいことですし、時として大変苦しいことです。

けれども、やっていこうと、やり続けていこうと思っています。

このホームページは、
そんなことをぼそぼそ心に誓っている作曲家•山中千佳子の
オフィシャルwebサイトです。