山中千佳子

English profile

1983年、三重県に生まれ、幼少から15歳まで岡山県で育つ。
3歳からピアノを、12歳から作曲を始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学作曲科首席卒業 (2007)、
並びにアカンサス音楽賞受賞。
東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修士課程修了 (2009)。
青木省三、永冨正之、野平一郎、尾高惇忠の各氏に師事。これまでに、国内外の優れたコンクールで多くの受賞•入選を果たしてきている。
芸大学部3年次在籍中に、第74回日本音楽コンクール作曲部門入選 (2005)。
武満徹作曲賞第3位受賞 (審査員:トリスタン・ミュライユ / 2010)。
ヴィトルト・ルトスワフスキ生誕100周年記念国際作曲コンクールにて佳作受賞 (2013)。世界37カ国、年齢制限無しの160作品の応募の中から4名のファイナリストとして選ばれ、唯一のアジア人として入賞を果たす。
また同年、ジュネーヴ国際音楽コンクール作曲部門にて、Prix du publicとPrix "Jeune public"の二つの特別賞を受賞 (2013)。
同コンクールにおける作曲部門での入賞は、日本人として初の快挙であり、留学や海外講習会の経験の有無に関わらず、音楽は国境を越えてゆけるという確かな実証となった。
受賞作品のフルートソロとアンサンブルのための《Uminari》は、シルヴィア・カレッドゥのフルート、グレゴリー・シャーロット指揮、アンサンブル・コントルシャンによって初演された。この他にも、田中信昭指揮、東京混声合唱団ときみつ少年少女合唱団による《大地と海と人のうた》初演 (2013)、大井剛史指揮、東京フィルハーモニー管弦楽団による《二つのプレザージュ》初演 (2010)など、国内外の優れたオーケストラやアンサンブル、合唱団、指揮者によってその作品が演奏されてきている。
主作品は《夜想曲 I》(2003)、チェロとピアノのための《Rinne》(2004) 、6人の奏者のための室内楽作品《ディシリエ》(2005)、《左手のためのピアノとヴァイオリン、チェロに捧ぐ三つの断章》(2006)、オーケストラのための《Cytogenesis》(2007)、オーケストラのための《二つのプレザージュ》(2009)、混声四部合唱曲《大地と海と人のうた》(2011)、オーケストラのための《シグナルとシグナレス》(2012)など。
《夜想曲I》は、ピアニスト佐藤卓史氏のCD『ラ •カンパネラ〜珠玉のピアノ小品集〜』に収録されている。
また、2015年、全日本合唱普及会から刊行された「少年少女のための合唱曲集《ものがたりのキセキ》で出版デビューを果たすと、続けて全音楽譜出版社から《大地と海と人のうた》(混声・女声版)がそれぞれ出版される。
自らが作詞も行い、言葉と音によって普遍的なメッセージや世界を表していく合唱作品にも、注目が集まっている。

Doticon_wht_Attention.pngWebメディア R25 の“Top Woman”にインタビュー記事が掲載されました!Square_wht_Right.gif

【前編】〜A prequel〜 bunbougu_hanepen.png   【後編】〜A sequel〜 bunbougu_hanepen.png

IMG_0064.JPG